スウェーデン代表 2018 ワールドカップ ホーム ユニフォームが発表!!

サッカースウェーデン代表はスウェーデンサッカー協会(SvFF)により編成されるスウェーデンのサッカーのナショナルチームである。愛称はブローギューラ(青と黄の意味)。スウェーデン代表 ユニフォームのサプライはドイツのスポーツブランド「アディダス」である。

2018FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選では優勝経験のあるフランスと2010年大会準優勝、2014年大会3位のオランダと同組になるも得失点差でオランダを上回りフランスに次ぐ2位でプレーオフに進出が決まり、1勝1分けでイタリアを破り3大会ぶりのワールドカップ出場を決めた。

スウェーデン代表 2018 ワールドカップ ホーム ユニフォームは、スウェーデン代表が出場した1990年のワールドカップ・イタリア大会でのユニフォームをデザインの参考にしている。このワールドカップはグループステージで敗退したが、数名の選手は2年後の欧州選手権(EURO ’92)で大躍進したチームの主力となった。バイアス柄(斜めストライプ)に垂直のシャドーストライプというデザインで、1990年当時のユニフォームを再現。アディダス勝利「三本線」はやっぱり脇に配置している。チーム協会エンブレムはデザインを一部変更した。文字はスウェーデンサッカー協会の略称“SvFF”から、スウェーデン語の国名“SVERIGE”に変わり、色もレッドを無くしてブルーとイエローのシンプルな構成となった。(詳細は下図のように)

44152621158692

1582168248955

158232241524

20158462

201755122

2017111515

来年の2018ロシアW杯でサッカースウェーデン代表のオラ・トイヴォネン、マルクス・ベリなどのサッカー選手が新ユニフォームを着て出場します。

Leave a Reply